紙の劣化について

紙の劣化については、さまざまなサイトで紹介されていますので、詳しくはそちらをご確認下さい。

ここでは額装や描画における現実的な課題にどのように対処しているのか、といった当店の取り組みについてご案内します。内容については、今後追加していきますので、次下がすべてというわけではありません。

尚、対策品の販売も承りますのでメールにてお知らせ下さい。


フォクシング(カビ)の発生と予防



フォクシング(カビ)参考例①

ボタニカル水彩画 紙:アルシュ

フォクシング(カビ)参考例②

版画  紙:ベランアルシュ

フォクシング(カビ)参考例③

版画  紙:ベランアルシュ


参考例①は作家の方からの持ち込み例です。素朴に、何故こうなるのかというご質問でした。参考例②③は、あるデパートにて購入したシルク作品とのことでした。『しばらく自宅にて展示していたが、オモテ面のマットボードに少しシミが出て気になるので、交換してほしい』とのご依頼でした。裏板をはずして確認したのが②③の画像です。マットボードはもちろん、作品にまで及んでいたフォクシング。


課題と現状:スケッチブックの状態や額装後にカビの発症が見られた。額縁の裏板アクが移行して黄変し、フォクシングが多数発生

予想される原因:保管場所の湿度高 空気停滞(非還流) ガスストーブ燃焼  室内と外気温度の差 吸湿素材との接触

当店の取り組み:遮熱保存箱 アーカイバル保存箱 裏板素材の選択 作品に安全な接触素材を提案 防カビ液や中和液の粉霧 殺菌液塗布  ブックマット装填  スーパーバリアシート仕様 など


製紙工場における抄造段階で添加される防カビ剤の効果は、概ね1年ぐらいと説明されています。しかしユーザーの中には、『中性紙だから変色しない、劣化しない、カビも発生しない』といった思い込みをされている方もあります。紙は呼吸しながら伸縮するデリケートな生きた素材だと認識しています。対策では「空気中の何を吸わせながら伸縮させた」か、を逆説的に考慮しています。