スカーフの額装例


加工手順 支給スカーフのシワの寄り方・バランス・張力過多による形のゆがみ、完成寸法の位置決めなどを確認し、仕上がりまでの一連作業の計画と見積もりを策定。

 スカーフなどの生地は、アルカリに敏感だったり裏板からのアクや劣化要素が表面にしみ出しやすい素材です。単に額縁に入れるだけでは、こうした劣化要素のほかにズレも起きやすい素材です。



氷室京介さんスカーフ額装
氷室京介さんスカーフ額装

1 スカーフ所見 難易度は高め。

・大きさは約900×900㎜ (ロック歌手氷室京介さん)

・素材は極薄のシルクサテン、折れシワ癖がついている。

・素直に延ばせず、偏りがある。

・正円の構図(白い円)があり張力バランスが重要。

・ヒートプレス機による裏打ちは困難。

・バキュームの吸込みでも構図バランス維持が困難。

・裏打ち支持体には無伸縮で非木材の平滑材が望ましい。

2 パネル張りのイメージで計画。

・折り癖の平準化が裏打ち縫製手法での張力でも難しいと思われ、パネル張り方法にて計画

・テーブルに専用作業台を設置

折り・巻き込み・乾燥などの工程から自由度のある専用台を用いています。

・支持体に耐水性の非木材合板3t(※)を使用し、立ち上がりの厚さ確保用に特殊ハッポーを支持体と同寸で接合設置。

・仮止めを行うための中性両面テープを周辺小口に設置。

(※)反りが起きない無伸縮の耐水中性ボード

3 仮固定と自然乾燥

・支持体にスカーフを乗せて、霧吹きも使いながら馴染ませる。

・完成イメージになるようスカーフを導きながら注意深く構図バランスを確認。

・小口のテープに仮接着させて位置を確定(※)。

 

(※)生地固定

支持体との固定方法には中性両面テープのほか縫製・表装裏打ち・タックス・マチ針・・等々状況に応じて選択しています。

4 本固定

・乾燥後の位置ズレがないことを確認し、耐候性に優れたテープで裏面側を本固定。

・特殊ハッポーに9箇所の矩形を穿孔し、同寸同厚の木板を埋め込み接合。この木板と額縁裏板をビス接合して一体化を図る。

 

・非木材合板は、水・テープ張力による反りの不安は少しもなく、また劣化因子を持たない素材のため、安心して作業ができます。

スカーフを額縁に入れる参考例
スカーフを額縁に入れる参考例

5 額装

・カラーボードの選択。

パネル張り作品として、約10㎜立ち上がる立体感をイメージ化。

背景空間にキャラクターの華やかさが伝わり、額縁色との調和が取れるようなカラーボードの選択。

 

6 仕上がりとスカーフの原状回復

・スカーフが支持体に吸い付くように張られ、シワもなく構図上の大切な円周もきれいに確保できました。

・熱プレス方法の接着や縫製では、設置したときの微妙なズレで円周デザインを歪ませる心配があります。特に熱プレスではやり直しが困難でスカーフの原状回復が見込めません。

・今回に限らず、原状回復の確保を常に心がけています。今回の接合方法は仕上がりサイズまでの原状回復(オーナーに了承を戴いています)が可能です。

7 完成

オーナーの希望に沿った棹額(モールディング)を製作し、支持体と一体化して完成。

裏板にも非木材耐水ボードを使用し劣化対策しました。

①耐水裏板からアクがしみ出すようなリスクが避けられます。

②特殊ハッポーの静止空気層が、背面から侵入する温度変化を和らげます。

 

裏板とフレーム本体はいわゆるトンボで留めです。これは後日メンテナンスの必要が発生したとき、ユーザー自身で開封しやすくするためです。 ビス留めやテープの目張り仕上げは、ユーザーによるメンテナンスが難しいと思っています。

スペーサーも同色にて設置 アクリルがスカーフに触れない空間を造ります。
スペーサーも同色にて設置 アクリルがスカーフに触れない空間を造ります。
立ち上がりの視認性 ダンボールに収めて撮影
立ち上がりの視認性 ダンボールに収めて撮影
裏面 左上部の2点は、支持体と裏板との接合ビス頭
裏面 左上部の2点は、支持体と裏板との接合ビス頭


フレーム

〒299-3251 千葉県大網白里市大網 73-17

(大網白里市役所から徒歩1分)

Tel & Fax: (0475) 73-4549

URL https://www.frame206.com

Web mail : frame@frame206.com

営業曜日 / 下記2020.4.1より変更

水〜土 am10:00~pm6:00

休業日:日 月 火 祝

事前電話にて休業日も対応致します。